JAグループ福島

JAグループの組織

JAグループは地域の組織、県域の組織、全国組織と機能分担されています。平成26年10月1日現在、全国に694JA、県内に17の総合JAがあります。
 総合JAでは、購買事業、販売事業、信用事業、共済事業、高齢者福祉など、多様な事業を行っておりますが、県域組織では、総合JAの事業の支援、指導を専門的に行うべく、事業分野別に分かれています。

県域組織は、JA福島中央会、JA福島厚生連、JA全農福島、JA共済連福島、農林中央金庫福島支店の5つの組織からなり、様々な事業活動を行っています。(5つの県域組織は、通称「JA福島五連」と呼ばれています)

JA福島五連の事業は、安全な農作物の生産と安定供給のための営農指導事業や農政活動、老人介護や地域医療に根ざした保健・医療・福祉事業、農産物の販売や農家の営農と生活を支える生産・生活資材の提供、万が一に備えた「ひと、いえ、くるま」の総合保障の提供、貯金・貸付等の信用事業まで多岐に渡り、JAとともに組合員そして地域の皆様の豊かな暮らしのお手伝いをしております。
 地域に密着した様々な事業を通じて、暮らしにかかわるすべてのサービスをお届けすることが、私たちJA福島五連の願いです。


JAグループの組織図
ページの先頭へ