JAグループ福島

JAの事業

JAの事業について ■JAは多様な事業を行っております。

組合員を支えるJAグループ組織図
指導事業

JAは多くの事業に取り組んでいますが、教育、営農・生活指導などを「指導事業」と呼んでいます。
指導事業それ自体は収益を生み出しません。組合員の農業経営の改善、生活の向上のために、組合員のニーズに沿った研修の機会を提供したり、技術改良の指導をすることは、JAの土台になる事業です。

指導事業は組合員に対するサービス事業であり、この強化が組合員のJAに対する理解と支持を高めることにつながっています。

販売事業

農業者が生産した農産物をJAが集荷して販売することを「販売事業」と呼んでいます。農業者が作ったものをどう有利に販売するかは、農業者の所得を高めることになるため、JAのもっとも重要な事業です。

販売活動の過程で、需給調整や付加価値の向上のために、生産物を一定期間貯蔵・保管したり加工する場合もありますが、これらの貯蔵・加工の諸事業も販売事業に含めるのが一般的です。

購買事業

JAの購買事業とは、JAが農業者に肥料、農機具、飼料などの生産資材や生活資材をできるだけ安く、良質なものを安定的に供給しようとするものです、購買事業は大きくは2つに分かれます。

一つは、肥料、農薬、飼料、農機具など、組合員の営農活動に必要な品目の供給を行う生産資材購買です。

もう一つは、食品、日用雑貨用品、耐久消費財など、組合員の生活に必要な品目を供給する生活資材購買です。

信用事業

JAの信用事業は、組合員などから貯金などを預かり、それを原資として、組合員などに貸出を行うものです。

また、JA・JA信連・農林中央金庫により構成された「JAバンク」は、一体的に事業運営を行い、各種金融サービスを行っています。

共済事業

JA共済事業とはJAが行う保険事業です。JA共済は民間保険と違い、不特定多数を対象に営利事業を実施するのではなく、農家組合員を対象に相互扶助の精神で非営利滋養として実施しています。

また、JA共済は、生命保障と生涯保障の事業機能を併せ持っているのも特徴であり、ともに大手生保・損保に並ぶ規模になっています。

ページの先頭へ