新着情報

家の光10月号紹介

[2020.09.10]

家の光『10月号』の読みどころを紹介します!




【コロナの時代を生きる】(P17〜29掲載)

新型コロナウイルス感染症はわたしたちの生活に大きな変化を与え、未だ予断が許されない状況が続いています。
わたしたちは今後、どのような社会を築いてゆけばよいのでしょうか。
京都大学人文科学研究所准教授の藤原辰史さん、元女子マラソン日本代表で国際オリンピック委員会(IOC)スポーツと活動的社会委員会委員の有森裕子さん、引きこもり問題で注目を浴びる精神科医の斎藤環さんといった、各分野の専門家にそのヒントを伺います。
















【その思い込みが泥棒を呼ぶ! 田舎の防犯 新常識】
(P41〜49掲載)


みなさんは、ついこんなことを考えていませんか?「こんな田舎に泥棒は来ないよ」「うちに盗むモンなんてナイナイ……」じつはこれ、すべて危険信号なんです!
そんな家こそ泥棒たちは狙っているのです!今回は、空き巣事情に詳しい専門家に、最新の空き巣の手口とその対処法、お金がかからず効果絶大な防犯グッズを紹介します。















【おいしさ再発見 調理も簡単!
   カボチャ食べつくしレシピ】
(P62〜68掲載)


夏野菜の定番といえばカボチャ! 
そして秋にかけてますます甘みを増すカボチャは、とってもおいしいけれど、全部食べつくすのは大変……。
そんなアナタ、じつはカボチャは煮物だけじゃない、もっともっと幅広く調理できる万能食材なのです! 毎日カボチャでもぜ〜んぜん飽きない!!
おかずからデザートまで、究極の食べつくしレシピをご紹介します。












〈特別企画〉【コロナに負けるな! JA女性組織活動のいま】(P30〜33掲載)

現在、新型コロナウイルス感染症の拡大の影響で、JA女性部でもどういった活動を行えばよいのか、悩んでいる人も多いはずです。
そんな中、知恵と工夫でコロナに負けず、頑張って活動を継続し、あらたな取り組みを始めているJA女性組織があります。
今回はそうした取り組み20事例を、JA全国女性組織協議会・加藤和奈会長のメッセージと共にご紹介します。



















『家の光』にはアレンジレシピや豆知識がたくさん掲載されています。
お申し込み希望の方は最寄りのJAへご相談ください!
ページの先頭へ